9/10 雑記 ~言葉の矛盾が悲劇を生む~

皆さんこんにちは。七語零黎です。
既にニュースなどでご覧いただいているかと思いますが、今回はこの件についてお話ししましょう。

マスク拒否し「非科学的だ」と乗務員威嚇の男性客、関空行きピーチが新潟に着陸し降ろす
https://news.yahoo.co.jp/articles/a040ff111dcdebce0008078caabe86bdcc03634a

これは、釧路発関西空港行きのピーチアビエーションの機内で発生したトラブル。
乗客の1名がマスク着用を要請されている機内で着用せずに、「非科学的だ」と客室乗務員に威圧をかけたと言う事のようです。

今現在、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、各航空会社でもマスクの着用が呼びかけられていますが、
日本国内でマスク着用のトラブルは今回が初めてとのことです。
9日の夕方のニュースの内容を確認しましたが、降機時の乗客からの拍手もあったのでその時はあたかも降機された乗客が悪いような報道を取っておりました。

ピーチアビエーション公式HPの感染対策ページに「マスクを着用してください」の記載はありますが、「必ず」の記載はありませんでした。
その一方、定期航空協会HPの「航空分野における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」には「公共交通機関を利用する従業員等には、マスクの着用や、会話をなるべく控えること等を徹底すること。」の記載がありました。
更には「新しい旅のエチケット」にも「マスク着用」の記載があり、これらの言葉の矛盾やあたかも強制力を促す表記が今回のトラブルに繋がった可能性があるものかと思われます。

そもそもマスクは「症状のある方が着用することで感染拡大を防ぐもの」であり、国民全員が義務と言うことではありません。
皮膚トラブルや呼吸器系の持病などの関係で初めからマスクを付けられない方もいます。日本国内では殆どの方がマスクを付けていますが、大半は知らずして着用している方(周囲に合わせて)が多いようです。これがマスク強制着用ルールに繋がってしまったと考えています。
日本でのマスク強制着用ルールは何が原因かと言いますと、恐らくメディアの報道番組に出演しているコメンテーターの発言では無いでしょうか。
感染対策に関して何の根拠も無い事をべらべらしゃべり倒してばかりいるため、それが日本でのマスク強制着用ルールを勝手に生み出したと思われます。

私が思うに今回の件ですが、乗客の迷惑行為にまで至った件と降機時の態度に関しては非を取りますが、
全体で考えると降機された乗客に関しては落ち度は無いでしょう(擁護すると言う事ではありません)。
むしろ、落ち度があるのは降機時に拍手を送った人と事実を切り取りし、感染に対して煽り続けたメディアにあると考えております。
もし、今回の案件で降ろされた乗客が呼吸器系の持病ありの方だったら、確実に拍手送った方を恨みますね。
今般の件はそちらに厳しい目を向けるべきだった案件では無いでしょうか。

また、マスク着用拒否であるならば事前に搭乗拒否とかも出来た訳なので、搭乗させてしまった航空会社も非はあります。
そもそもLCCでは大手航空会社と異なり、運賃が安い分遅延の場合などの対応方が凡雑になっている事が多いようです。(全てのLCCがそうなっているとは限りません)
ピーチは昨年10月にバニラエアと統合しましたが、統合前のバニラエアでも車椅子の乗客を搭乗拒否した前科がありますので、今般もその延長線に入ってしまった可能性がありますね。

私もマスクを着用する事はありますが長時間連続で着用した場合逆に苦しくなってしまい、現在は一時のみ付けるようになりました。
これはそもそもマスクが感染症に対しての効果が薄い(完璧に防ぐものではない)と言う事と、マスク着用により逆効果を生む事があるからです。
それでもノーマスク状態でベラベラ喋ったりすることはありません。

「感染症」はマスクの着用を含めた新しい生活様式の実践、手の消毒、ワクチンの接種だけで解決出来ると思ったら大間違いです。
「周囲に惑わされず、自分自身の体と心を上手くコントロールする事」これが大事です。出鱈目な感染対策に惑わされないようにしてください。
それに加え、「くしゃみ」「咳」「発熱」は人間の生体反応によるものです。これらは「悪」ではなく「善」として捉えるように。

「管理人から皆様へ」と言うページを載せました。私個人の考えではありますが皆さんも是非ご一読いただければと思います。
ではまた。