8/9 雑記 ~クラスターフェスの開催に思う~

皆さんこんにちは。七語零黎です。

今回は物議を醸し出している「クラスターフェス」の件。
そもそも「クラスターフェス」とは何か?と言いますと、

「マスクはいらない」などの主張をする国民主権党の平塚正幸氏が中心となり、2020年8月8日、渋谷で「クラスターデモ」が開催されています。

(引用)【ライブ配信】「ただの風邪」渋谷でノーマスク集会が決行!また20時からノーマスクで山手線一周デモが開催予定で物議!(ニコニコニュース)

東京都知事選の掲示ポスターで「コロナはただの風邪」で有名にした国民主権党の党首、平塚正幸氏が中心となり行われたデモのことになります。
目的は「マスク」「ソーシャルディスタンス」「3密」「自粛」を全て不要であると言う主張を実行するための模様です。
なお、9日にはノーマスクで山手線に乗る「クラスタージャック」が実行された模様とのこと。

ネット上でも賛否両論出ているようです。

私は正直なところ、「ここまでやる必要があるのか?」という疑問を持ちます。
確かに「新しい生活様式」は私も人間性としてはデメリットでしかないですし、マスク着用の強制にも疑問を持っています。
ちなみに私も電車内はほぼノーマスクですが、ノーマスクで喋ったりとかは一切していません。

「マスク」「ソーシャルディスタンス」「3密」「自粛」を全て不要であると言う主張は、私も理解出来ますが
新規感染者で一喜一憂している方(メディアの鵜呑み)が多い以上、こればかりは形式を変えた方が良いのではないかと思いました。

根本的な原因はメディアの過剰報道ではないでしょうか。
今回の新型コロナウイルス感染症で過剰とも言える報道の仕方が、このクラスターフェスを生んでしまったと思いますね。
もししっかりとした報道が成されていたらと言うことと、「新しい生活様式」の提唱がなければ、クラスターフェス自体は開催されなかったことでしょう。
また、乱発した反対意見も過剰報道が原因と思われます。

私個人としては「やり過ぎ」と言うのが率直な理由です。
逆に同調圧力を更に強めてしまうことに繋がりかねないので、今後は署名活動までに留めておくべきかと思います。

Twitterにも書きましたが、ノーマスク活動はしれっとやるべきでしょう。

 

最後に皆さんに申し上げます。
「新しい生活様式」に「マスクの着用」はあっても「ノーマスク禁止」の記載は一切ありません。
また、「新しい生活様式」を強制しているところもあるようですが、強制力自体は持っていません。
これだけはしっかりと覚えてください。「新しい生活様式」はやらなければやらないでも良いのです。

更にTwitterのレスで下記の素晴らしい言葉を頂戴しました。
「周りがどうでも、自分の身体や心を上手くコントロールすることが1番ですから。」
とにかく今はこれが一番大事なのです。
(レス頂いた方、勝手に拝借して申し訳ありません)

皆さんも周りに惑わされず、この困難を乗り越えましょう。
ではまた。