7/12 雑記 ~本質を見抜け その3(5G)~

皆さんこんにちは。七語零黎です。

昨日は新型コロナウイルス感染症の件を取り上げましたが、今回は皆さんも気になる「5G(ファイブジー)」について取り上げていきたいと思います。

5Gって何?

「5G」とは「第5世代移動通信システム」の事であり、省略せずに言うと「5th Generation(フィフス ジェネレーション)」になります。
1Gから始まった移動通信システムですがこれまで4Gまでが実現しており、今回が5代目に当たるため「5th Generation」となりました。
移動通信システムとは、皆さんが持っている携帯電話やスマートフォン、タブレット、モバイルWi-fiなどを指します。

5Gのメリット

5Gは現行の4Gと比べて以下の特徴を持っています。

  • 高速・大容量
  • 低遅延(遅れが発生しない)
  • 多数端末との接続

4Gでも十分高速通信は可能ですが、5Gにすることで更に速い通信速度を実現しております。

5Gってそんなに悪いもの?

ここからが本題になりますが、SNS上で「5G反対」などのハッシュタグを目にすることがありますが、本当に悪いものなのかをここで1つずつ説明したいと思います。
今回説明する項目は以下の通り。

  • 人体への影響は?
  • 新型コロナウイルス感染症拡大の原因となっているようだが、本当なのか?

○人体への影響は?

基本的に5Gは人体への影響はないとされています。
そもそも電波は携帯電話の回線だけでなく、ラジオ・消防や警察の無線・GPS気象レーダーなどで用いられています。
電波は大きく分けると「非電離放射線」「電離放射線」の2つからなりますが、携帯電話の回線などで用いられるのは「非電離放射線」に当たります。
「非電離放射線」の生体への影響はごくわずかで、悪影響を及ぼすものではありません。
その逆に当たるのが「電離放射線」。こちらは多量に浴びるとガンなどの原因に繋がるとされています。なお、周波数は携帯電話で用いられるもの(3GHz)高いもの(3000THz{テラヘルツ}~)が用いられます。
「電離放射線」は主に夏に多い紫外線、病院のX線検査(レントゲン)で多く用いられます。
病院のX線検査の入口に「放射線管理区域 指示があるまで入室しないでください」と書かれているのは、そこから出てくる電波が人体への影響があるために注意喚起をしているものと思ってください。
もし、5Gが人体に影響を与えるのであれば、既に行ってきた1G~4Gまでも開発前に取りやめとなっており、携帯電話は登場していないどころか、スマートフォンも普及しなかったかも知れません。

○新型コロナウイルス感染症拡大の原因となっているようだが、本当なのか?

これは一番気になる問題でしょうね。
新型コロナウイルス感染症は5Gが普及した国で多く発生していることからこの騒動が持ち上がり、基地局が放火されるなどといった被害まで発生しております。
そのため、携帯電話業者は木にカムフラージュさせてアンテナを目立たなくしたり等と言った対策が施されているようです。
そもそも電波は上記でも取り上げた通りラジオ・消防や警察の無線・GPS気象レーダーなどで用いられております。もしウイルスが電波に乗っかってくるのであれば、既に発生中の風邪の原因となるウイルス(アデノウイルス・ライノウイルス・RSウイルス・コロナウイルス)やインフルエンザウイルス、冬場の食中毒の原因となるノロウイルスもここに乗っかってきますよね?そうすると一概に新型コロナウイルスの症状が出るとは限らないので、関連性は否定できるはずです。
また、新型コロナウイルス感染症は5Gが設置されていない国でも発症例があるため、「5G=新型コロナウイルス感染症拡大」は有り得ません。
人体に影響のある電波の周波数は上記でも用いられた通り3000THz以上からとなるため、5Gで用いられる周波数帯(600MHz~28GHz帯)では人体の影響は殆どありません。
更に、これはウイルスと直接関係ありませんが、心臓ペースメーカーへの影響も3G以降から殆ど無くなってきています。鉄道会社で「優先席付近では、携帯電話の電源をお切りください。」から「優先席付近では混雑時以外、携帯電話の電源をお切りください。」となったのは、携帯電話の電波が心臓ペースメーカーへ与える影響が殆ど無くなったからと言えます。
もし、影響を与えるとお思いの方は、5G以外の電波を使用する電話を購入すれば良いのです。

まとめ

それでは今回の件をまとめます。

  • 「5G」は「第5世代移動通信システム」のこと
  • 5Gは4Gよりも通信速度が速くなった
  • 5Gが人体に与える影響はないとされている
  • 電波は2種類ある
  • 5Gによって新型コロナウイルス感染症が拡大したとは言えない

皆さんも、「5Gは危険」と言う考えは捨てていただき、本当のことを知りましょう。
ではまた。

【参考資料】
5G(第5世代移動通信システム) | 企業情報 | NTTドコモ(NTTドコモ公式HP)
エンジニアが知っておくべき5Gの電波と健康被害の関連について(TechMAGAZINE)
5G | 項目別に見る(世界情報通信機構HP)