6/19 雑記 ~疑問に思うTwitterのハッシュタグ~

皆さんこんにちは。七語零黎です。

Twitter上で今回気になったハッシュタグがありましたので、こちらについて取り上げていこうかと思います。
なお、この記事は特定の方を誹謗中傷するものではありませんので、お間違いないなく。

今回気になったハッシュタグは以下の通り。

  • 「#マスクを外そう」または「#マスクをつけよう」
  • 「#コロナ脳」
  • 「#コロナはただの風邪」
  • 「#コロナは茶番」
  • 「#5G反対」

以上の5項目になります。

「#マスクを外そう」または「#マスクをつけよう」

この2つのハッシュタグはそれぞれ「マスク」の件で言っています。
「#マスクを外そう」と言っている方は恐らくこれから熱中症の危険性を考えて述べているものと思われます。「#マスクをつけよう」はまだ感染症が収まっていないからと言う意味で述べているものと思われます。
熱中症の危険性を考えるとマスクを外すのは適正ですが、感染症が収まっていないからまだマスクは外せないと言うことで拮抗していますね。
両方とも気持ちはわかりますが、正しい認識をされている方にとっては煽り行為じゃないですかね? マスクの件は前回の雑記でも紹介しましたが「感染症の補助的な役割と思ってください」と述べました。
まず、マスクは感染症を予防する目的ではないことは認識していただきたいと思います。それに加え、政府が提唱する「新しい生活様式」の実践例では「マスクの着用」は記載されていてもマスク着用を強要する内容は一切書かれていません。
「外そう」「つけよう」の方はまずこの点はしっかりと認識していただければと思います。
ちなみに私は5月まで会社でもつけていましたが、喉がつっかえたような感じ(空気の滞り?)に陥ることが度々あり、6月以降から熱中症対策を兼ねては殆ど外しています。外してからは喉がつっかえた感じはなくなりました。それでも「手洗い」など基本的な感染症対策はしっかりと行っています。

 

「#コロナ脳」

今般の新型コロナウイルス感染症拡大で、メディアの煽りに乗せられた方に向けたハッシュタグであると考えられますが、実際は罵倒目的としか思えないんですよね。
過去にも「放射脳」と言うのを見たことがあるのですが、これも罵倒目的が殆どでしたね。
ウイルス感染症に限らず特定のものに過敏反応することは良くありません。「新しい生活様式」に過剰な内容が入ってしまっているのも原因と言えます。

 

「#コロナはただの風邪」

何を根拠にしたらこうなるんだ?と思ったのがこのハッシュタグ。
新型コロナウイルスに限らず「コロナウイルス」自体は風邪(流行性感冒)の原因の1つでありますが、「ただの風邪」とするのは如何なものかと。
東京都知事選の立候補者でこれを堂々と掲げている方がいらっしゃるようですが、誤認を与えかねません。
ちなみに風邪はコロナウイルスからかかるとは限りません。アデノウイルス・ライノウイルス・RSウイルスなどからかかることもあります。更に夏風邪の原因ともされている「ヘルパンギーナ」もお忘れなく。

 

「#コロナは茶番」

・・・まず本当に「茶番」だったらここまで蔓延していないですよね?
これも「コロナ脳」同様、「新しい生活様式」の過剰さが表に出てしまったが為に作られたものでは無いでしょうか?
「新しい生活様式」は強制ではないことを認識していただきたい。「全部行ってください」との記載はされてなく、どれか1つでもいいわけですし、やらなくても良いと言うこと。
新型コロナウイルス感染症を「茶番」と言うのなら、その根拠は何処にあるのかを示していただきたいものですね。

 

「#5G反対」

「新型コロナウイルス感染症は5Gの電波で増えたから~」と言うことから来たと思われますが、もし本当にそうなら1Gや2Gあたりで既にそうなっているはずです。
5Gの電波は4Gと比べて更に高速化を実現していますが、携帯電話の電波でウイルスが増殖することは一切ありません。
もし携帯電話の電波でウイルスが増えるなら、新型コロナウイルスに限らずインフルエンザウイルスでも増えるはずですし、過去中国で発生したSARSでも同様になりますよね?
このハッシュタグは考えすぎとしか言いようがありません。

 

今回は気になったハッシュタグについて取り上げて来ました。
上記はほんの一例ですが、皆さんも変なデマに扇動されないよう気をつけましょう。

もう一度申し上げておきますが、基本的な感染症対策は「手洗い」「免疫力」です(風邪症状のある方はマスク併用)。
この2点は絶対に忘れないようにしましょう!