3/8 雑記 ~WHOの無能さと「咳」への正しい理解~

皆さんこんにちは。七語零黎です。

新型コロナウイルス感染のニュースが連日のように報道されていますが、私としてはそろそろ飽きてきました。
メディア側としてもこれまで過剰に報道することは、逆に国民にとって不安を煽るだけとしか言えません。
国民が今必要としているのは「正確な情報」で、感染者の発生や死者とかは後でまとめて報道すれば良いことであり、
いちいち新規感染者が発生しただけで報道するのはウイルスに対する過敏反応を助長させる行為になるので、本当にやめて欲しいです。

さて、WHO(世界保健機関)が今年の東京オリンピックを無観客で行うとか言いだしてきましたが、
オリンピックはIOC(国際オリンピック委員会)や開催国のオリンピック委員会などが最終的に決断するのであり、WHOが決断する立場ではありません。
そんな中で「無観客にしろ」と言うのは、非情としか言い様がありません。
そもそもWHOは今回の新型コロナウイルス感染についても表面的な回答でしか無く、全世界に無能ぶりをさらけ出しました。
WHOは一旦オリンピックから切り離し、新型コロナウイルス感染の終息に全力を注いでいただければと思います。
(ただ、事務局長が中国に寄りすがっている状況なので、現状はほぼ機能不全に近いような感じがします・・・。)

更に、今般の件で「コロハラ(コロナハラスメント)」なる言葉も出て参りました。
これはマスクをせずに咳をした方に根拠の無い嫌がらせを行うものであり、急増しつつあります。
「咳」は人間の防御機能の1つであり、脳内にある「咳中枢」が命令を出し咳をして異物を追い出します。
風邪やインフルエンザで無くても、ほこりまたは煙が喉に達することや辛いもの(特に唐辛子)などが直接喉元に行ってしまったときでも発生します(所謂「むせる」)。
だからといって咳をしただけで嫌がらせをするのは無礼としか言い様がありません。
直近、福岡市営地下鉄の車内で電車内でマスクをせずに咳をした方を見て非常停止ボタンを押されるなど、営業妨害行為に至るまで発生しております。
この言葉を生み出してしまったのは、私が思うにメディアの過剰報道が原因としか言い様がありません。

最後に、今回は春のお花見にも影響が出ており、東京都では自粛要請まで出されております。
これを受け七語零黎チャンネルでは「エア花見」と題して、桜写真と昨年撮影した動画などを流用し近日中に動画をアップする予定です。
例年の花見シーズンまでには完成させる予定でいますので、是非ご期待ください。