2/29 雑記 ~反日行為とデマへの奔走~

皆さんこんにちは。七語零黎です。

新型コロナウイルス感染の案件で、ついに施設でも一定期間の閉鎖が全国的に広がりました。
2/27開催予定だったCP+(シーピープラス)もそうですが、今回ばかりはやむを得ないでしょう。
施設のスタッフの方々も早期収束を願うばかりだと思います。

本日18:00より安倍首相の記者会見が行われていますが、そんな中Twitter上で「安倍やめろ」のツイートを流すと言ってきています。
はっきり言ってそういうのをやっても「無意味」としか言い様がありません。
それに「安倍やめろ」は例え人物を特定したとしても、全国の「安倍さん」に対して大変失礼な行為であり、普通の日本人では絶対にあり得ません。
言っておきますが、ここは日本です。日本に背く行為は普通の日本人から見たら確実に白い目で見られます。
このような行為をしている方は「困難を乗り切る力」というものがないのでしょうか?

過去の日本は、飢饉や大火をはじめ、阪神・淡路大震災や東日本大震災、2019年台風15号・19号といった自然災害、はたまた戦争や空襲(原爆投下含む)など、幾つかの困難を乗り越えていきました。
そのような行為があっても必ず復興へと進んでいったからこそ、今の日本があるわけです。

それに比べ今回のこの反日行為とも言える体たらく、私としては非常に腹立たしい気分です。
どうしても「安倍やめろ」と言うのであれば、記者会見で述べられたことや今般の新型コロナウイルス対策に協力しなければいいだけです。
私から見れば反日行為をしている方には「どうぞ勝手にやっててください、後で大目玉食らっても知りませんよ」と言いたいですね。

あと、トイレットペーパー買いだめの件ですが、あれはどう見ても不快としか言い様がありません。
デマを流したのが諸悪の根源ではありますが、メディアの煽りも1つの原因では無いかと思います。何故メディアはつまらないことを煽ってしまうのかが疑問でなりません。
なお、この行為はトイレットペーパーに限らず、ティッシュや紙おむつ、はたまた生理用品まで広がっており、実際に購入したい方が購入できないのが実情であります。
私がTwitter上で生理用品が購入できなかった方のツイートを拝見しましたが、「血を流さなきゃいけないのか」と言う言葉を見てデマに流される方に対し怒りを覚えました。

日本で発売されているトイレットペーパーは大半が「日本製」であり、「中国製」ではありません。
それなのに中国から入ってこないからって買いだめするのは、「略奪」(※)に近いのではないでしょうか?
日本でもオイルショックの時に同様の案件が発生しており、デマに流されてこうなったそうですが、実際のところは不明です。

「略奪」は日本以外の諸外国で天災などが起きた際によく見られますが、日本ではまず起きません。
東日本大震災の時も日本人は略奪行為をせず、避難所の給水や給食のスポットできちんと整列する姿を見て、諸外国からも賞賛を得られたほどです。

何故日本人はここまで民度が落ちてしまったのか、今でも疑問に思うばかりです。
「大和魂」と呼ばれるメンタルの強さこそ、様々な困難に勝ってきた日本人の持ち味では無いでしょうか。

ここからが新型コロナウイルスとの勝負どころ。
昨日の雑記でも申し上げましたが、後になって「あぁ、そんな事あったねぇ」と言える日が来る事を願いながら。

みんなで頑張ろう、日本!

※「略奪」はお金を支払わずに勝手に店内から物品を盗む犯罪行為であるが、日本は大量購入でもお金を支払っているため、本当の意味での「略奪」には当たらない。