「Who cares?」代替番組を聴いて

皆様も既にニュースなどお解りかと思いますが、
2月13日にシンガーソングライターの槇原敬之さんが覚せい剤取締法容疑で逮捕されました。

これを受け、bayfmでは毎週日曜日17:00より放送しているレギュラー放送番組「Who cares?」を急遽打ち切る事となり、
本日その代替番組が放送を開始しました。

代替番組の名前は「bayfm SUNDAY MUSIC FLOAT」。
DJは同局で「INTER X-PRESS」も担当している門脇知子さんが担当。

17:00になり、放送冒頭で「この時間は予定を変更して『bayfm SUNDAY MUSIC FLOAT』をお送りします。」とお断りを述べました。
この時点では「Who cares?」の打ち切りなどは述べずに通常通りスタート。

放送開始1回目の今日は1982年の音楽を中心に放送していました。
開始1曲目はレイ・パーカーjr.の「プリーズ Mr. DJ」。最後はサザンオールスターズの「YA YA(あの時代を忘れない)」で1回目の放送は終了。

聴いた感想としては、日曜日17時台と言う時間帯に相応しい音楽番組と言えます。
日曜日の17時台というと、次の日は月曜日で「また仕事か・・・(学生の場合はまた授業か・・・)」と思う時間帯になるので、この時間帯こそ音楽で癒やし、また月曜日から頑張ろう!と言う気持ちにさせてくれる番組なので、実質「つなぎ番組」の位置づけではありますが、このままレギュラー番組に昇格してもおかしくは無いかと思います。

bayfmで現在放送している音楽番組は、平日ですと「INTER X-PRESS(インターエクスプレス)」、週末になると「COUNTDOWN RADIO」や「POWER COUNTDOWN REAL」、
はたまた同局の長寿番組である「POWER ROCK TODAY」がメインですが、音楽メイン(トーク無し)で放送しているのは、日曜日深夜の「THE SELEC-TONE(ザ・セレクトーン)」のみになるため、この番組が2例目になります。

諸般の事情を受け急遽放送となった「bayfm SUNDAY MUSIC FLOAT」、今後の動向に期待ですね。

※当記事のTwitterアイキャッチ画像および記事アイキャッチ画像は、「いらすとや」より拝借しております。