「EOS R5」開発発表!

2020年3月13日

2月13日に、キヤノンが新たなカメラの開発が公式発表されました。

その名は「EOS R5」!

「EOS R」から始まったキヤノン「EOS R SYSTEM」の新型機のようで、公式発表では「次世代フルサイズミラーレスカメラ」を名乗っています。
そんな「EOS R5」をここでおさらい。

(20/03/13追記):AF被写体検出と8K動画機能で追加発表されました。該当部分は橙文字で表記しています。

1. 名称(呼称)

名称は「EOS R5」になるので、読み方としては「イオス アールファイブ」になるかな・・・と。
最初の噂情報では「EOS RS(イオス アールエス)」の名称で出回っておりましたが、今回の公式発表で「EOS R5」に名称が決定しております。
(噂情報のソース:Canon Rumors(海外サイト))

 

2. 機能や特徴など

既に発売されているEOS RやEOS RP同様フルサイズ機になります。
公式発表から分かっている情報は以下の通り。

  • センサーは新たに開発されたものを搭載
  • 連写速度はEOS Rのワンショット9コマ/秒、サーボ5コマ/秒から最高12コマ/秒にアップ。
    電子シャッター使用時は最高20コマ/秒
  • 犬・猫・鳥の全身・顔・瞳に対応したAF被写体検出機能
  • 動画撮影は4K動画に加え、8K動画が可能に(静止画としても切り出し可能)
    フレームレートは29.97fps、水平方向はクロップ無し
    全モードでデュアルピクセルCMOS AFに対応、内部記録も可能に
  • キヤノン初のボディ内手ブレ補正搭載
  • メモリーカード挿入口はEOS 5DシリーズやEOS-1D Xシリーズ、EOS 7D Mark II同様、デュアルスロットに
  • クラウドプラットフォーム「image.canon」への画像自動転送機能
  • 背面はEOS Rをほぼ踏襲するが、マルチファンクションバーの代わりにマルチコントローラーを、
    サブ電子ダイヤルを新規搭載
  • リモートレリーズのコネクタがボディ前方下部に移動
    EOS RではRS-60E3しか使えなかったが、EOS 5Dと6Dシリーズなどで使われているRS-80N3になるのかは不明

 

3. その他情報

  • 同時にRFレンズを3本(うち2本はエクステンダー)発表
  • 超望遠ズームレンズ「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」も開発発表。
    三脚座はRF70-200mm同様、取り外し可能なものにも見える。見た目はRF70-200mmを長くしたような感じ
  • 「EXTENDER RF1.4X」、「EXTENDER RF2X」も同時発表。
    RF100-500mmに取り付け可能。RF70-200mmへの取り付けは発表されていないが、恐らく不可
  • この他、RFレンズ9本も開発予定

どれも非常に気になる性能なので、ここまで来れば今所持しているEOS Rの売却も考えたいですね。
今現在入っている情報はここまでですが、今後動きあり次第当サイトでも取り上げて行きます。

なお、「EOS R5」を参考展示予定でしたCP+(シーピープラス)は、
昨今発生しているコロナウイルスによる新型肺炎の流行により開催が中止となりました。
開催を期待していた方には大変残念なお知らせですが、事情を考えると今回ばかりは仕方ないと思います。

とにかく、このカメラは発売され次第購入予定・・・と言うことで。
その前に実機展示されたらキヤノンのショールームに行かないとね♪