東京スカイツリー特別ライティング「コロンビア国旗」

2019年8月12日

スカイツリーが南米コロンビア一色に。

7月20日、東京スカイツリーがコロンビアの国旗(黄・青・赤)に点灯!
これはコロンビア共和国独立200周年と日本・コロンビア修好110周年を祝して行われたもので、独立記念日である20日の1日限定で点灯されました。

南アメリカに属している国の国旗をイメージしたライティングと言えば、これまでブラジルの国旗を
点灯した実績はありますが、コロンビアは初めてとなります。

-これまで点灯した国旗のライティング-
・日本(毎年12月31日~1月1日(※1)、2016年8月4日~22日、2016年9月6日~9月19日(※2)、2019年5月1日(※3))
・アメリカ(2019年5月25日~27日(※4))
・フランス(2015年11月15日~17日(※5))
・ベルギー(2016年5月18日~22日(※6))
・ブラジル(2016年8月4日~22日、2016年9月6日~9月19日(※2))

最後にいつものアングルで〆。
コロンビアはブラジルと同じコーヒー豆の生産国。無理やりですが「ビール」と「コーヒー」のコラボ!?

 

※1:大晦日~元日にかけて毎年点灯。
※2:2016年リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック開催に伴うもの。日本代表選手が金メダルを獲得した日の夜は「金」のライティングとなった。
※3:「平成」→「令和」への改元に伴うもの。
※4:トランプ大統領訪日を祝して点灯。
※5:パリ同時多発テロの犠牲者追悼を込めて点灯。
※6:ベルギー・日本友好150周年記念によるもの。