EOS R購入に当たりお別れするカメラ達

2018年10月21日

キヤノンのフルサイズミラーレス一眼「EOS R」の発売まであと約1週間。
予約した件についてはこちらの記事にて紹介済みですが、今回の購入に当たり手元からお別れするカメラをご紹介。

まずはメイン機として使用中のEOS 6D Mark II。ボディのみで購入。
当初EOS 80Dを売却しようと考えていましたが、資金調達の関係で6D Mark IIをお役御免に。
サーボAFも毎秒6.5コマなので毎秒5コマのRよりかは上ですが、AFの測距点数が他のフルサイズ機と比べると狭いんですよね。
イルミネーション撮影までは頑張ってもらおうかなと思っていましたが、ボディの軽量化を優先しました。
EOS 80Dには引き続き頑張ってもらおうと思います。近日中に5D系統を入れる予定なので、その際に80Dは売却する方向で。

 

次に売るのはサブ機のEOS M5。
こちらは初めから売る予定でいたカメラ。ミラーレス2台あってもね・・・と言う事と、重いレンズだと支えきれない理由で売却決定。

その他に売却するものとして、

  • マウントアダプター EF-EOS M
  • SIGMA USB DOCK →近いうちにシグマ製のレンズ導入予定の為売却しないことにしました

これらも売却する予定です。

新たに導入する「EOS R」、私は以下のものを購入予定。

  • EOS Rボディ
  • RF24-105mm F4L IS USM
  • コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R

RF28-70mmではなくRF24-105mmにしたのは、普段使う焦点距離である事と軽量化を狙ってのこと。
RF28-70mmはキヤノンデジタルハウス銀座におけるEOS Rの体験で実際に使ったのですが、持つとかなり重かったので却下しました。(しかも価格が本体を超えている)

EOS Rの紹介は10月27日以降当ブログにて掲載予定です! お楽しみに。