テレコン+α導入!

2018年2月1日

本日は旧スマホ(Xperia X Performance)を売却してきたので、その売却金でこんなものを導入。

テレプラス 1.4X PRO300 DGX-E(ケンコー)と49mm→52mmのステップアップリング(マルミ光機)。
中でもテレプラスは久々の導入です!

まずはステップアップリングから。

今回購入したステップアップリングは49mm→52mmのもの。
理由は、イルミネーション撮影に向けてEF 50mm F1.8 STMにクロスフィルターを取り付けたいのですが、49mmのクロスフィルターを購入するより既に持っている52mmのクロスフィルター(EF-S 60mm F2.8 マクロ USM用)を活かしたいと購入!

EF 50mm F1.8 STMにステップアップリングを取り付け、更に52mmクロスフィルター(マルミ光機製のDHGスタークロス)を取り付け。
違和感は殆どありませんね。フード(ES-68)も問題なく取り付け出来ました。

 

続いてテレプラス。
購入理由はEF 70-200mm F4L IS USMの焦点距離を伸ばしたいため。
タムロンSP 70-300mmへの置き換えも考えましたが、描写力で負ける為テレプラスで我慢することに。
これによりEF-S 55-250mm F4-5.6 IS STMは手放しました。

この「Kenko」のロゴがある袋に本体が入っています。

そして本体がこちら。1.4倍なので薄めですね。
EF-SやEFのパンケーキレンズと間違えそう。

所有のEF 70-200mm F4L IS USMに取り付け。1絞り分暗くなるのでF値は4から5.6に変わります。
今後はこの組み合わせでの撮影が多くなるかも知れません。

最後に所有レンズとテレプラスの組み合わせを一覧にして見ました。
(※EF-Sレンズは取り付けられない、10-24mmは取り付ける意味がないのでいずれも除外)

EOS 80D EOS Kiss X9 理由
EF 24-105mm F4L IS II USM  × 80DはF値が「00」となって使えない。
X9はファインダー撮影ならOKだが、ライブビューでは使えない。(強制的にファインダー撮影へ戻される)
EF 50mm F1.8 STM  × 80Dはレンズエラーで使用不可。
X9はAFも使用可能。
EF 70-200mm F4L IS USM  〇 両方ともAF使用可能
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM  × 80Dはレンズエラーで使用不可。
X9は使用可能だが、MFでの使用必須。
(※公式では使用不可の記載)
SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2  × 80Dはレンズエラーで使用不可。
X9は使用可能だが、MFでの使用必須。

上記の結果から、基本的にはEF 70-200mm用と考えればOKと言ったところですね。
テレプラスを用いての撮影試験は「青・空・虹」で紹介しております。
詳しくはこちらから。