山手線「すみっコぐらし」ラッピング

2018年2月2日

ここ(山手線)がおちつくんです。

サンエックス(San-X)の人気キャラクター「すみっコぐらし」が、今年でデビュー5周年を迎えた記念として、
JR東日本とコラボレーション。
7月17日から山手線のE231系500番台トウ546編成が「すみっコぐらし」のラッピングとして活躍。

側面は「すみっコぐらし」のキャラクターがあしらえている。いる場所は当然「隅っこ」。

先頭車には山手線の車両(103系?)も登場。特徴なのは103系が原型ライトであると言う事。
サンエックスの社員に鉄道ファンの方でもいるのだろうか?

こちらは「ぺんぎん?」と「とんかつ」の2種類。とんかつの端の方はカリカリしてうまい(何言ってんだか)。

通常、ラッピング車のヘッドマークは商品名やキャラクター名などの記載をしているが、
このラッピング車については何と「顔」。ラッピング車が一発でわかる工夫も成されている。
山手線とサンエックスのコラボ列車はこれまで「リラックマ」(阪急や京急でも実施)があり、今回が2例目となる模様。

 

撮影場所:山手線御徒町駅にて

※この車両は2017年8月1日で運転を終了しました。