新サブ機導入

2018年2月1日

昨日、新しいサブ機を購入しました!

LUMIX TX1!
1型センサーを持つパナソニックの高級コンデジで、10倍の光学ズームを持つ機種。
新品か中古品で悩みましたが、今回は中古品(美品)を購入!
使用感の少ない製品だったようなので、前所有者は余り使ってなかったのでしょうか?

本体は「高級」の名にふさわしい黒1色。
見た感じではとても光学10倍ズームを持っているカメラとは思えません。

斜めから見ると、側面のみ丸みを帯びています。
右側上部にある出っ張りは電子ビューファインダー。

背面は色々な機能が備わっているボタン類など。
左上部にあるのが電子ビューファインダー(EVF)。視野が狭いのでファインダー視野率100%の一眼を使っている方にとっては不便かも。
ファインダー撮影の多い私にとっては視野なんてどうでも良いのですが。画面は固定式です。
どことなくソニーのα6000シリーズにも近い印象でしょうか。

付属品はストラップ、ストラップのアダプター、USBケーブル、ACアダプター。

今回のTX1、私にとってもLUMIX FZ5以来12年ぶりのパナソニック機となりました。
あの頃は一眼レフを手にするのは早かったので、コンデジの高倍率ズームとがっしりとした外観に憧れていました。光学2倍程度だったのが一気に12倍まで上がったのでもうそれはすごく嬉しい事でしたよ。

TX1導入により、Powershot G5 Xはドナドナ。
使えないカメラでは無かったのですが、望遠側がどうしても欲しかったので手放しました。